Cello Group Lesson

チェログループレッスンの記録

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - スポンサードリンク
Group Lesson9
教室の備品の弓が毛替え中だったので、別の弓が用意されてました。
用意された中で一番高いのは18万で、私が使ったのは12万。

今回も風邪が治らないままのレッスンで、
熱でボーっとしてしまい、落ちまくりましたorz

******************************


[開放弦]
弓の場所によって重心が変わってバランスも変わるので、
C・G・D・A線の順で、それを確認。
A線は重心が弓先に来るので、
元弓に来るとき二の腕を意識すると音が綺麗に出る。
あと、鎖骨の下の筋肉を使うのを意識。

[スケール]
D・A線のスケールを二拍で弾いて、
次に同じスケールをテンポを変えて三拍子で弾く。

[手書き譜 エチュード]
ウェルナーの練習曲。
元弓だと弓先に重心が乗りすぎるので
中弓を使うように。

一・二段目。
途中で落ちましたorz
戻ろうと思ったけど、
熱でボーっとしてしまい戻れなかったので、
終わるのを待ちました(笑)
もう一度弾いたときはなんとか弾けました。
最後の三・四小節を何度か弾いて終了。

三・四段目。
1回弾いて終了。

五・六段目。
初めて弾きました(汗)
実は今まで練習でも弾いたことなかったので
正直言って初見でした(苦笑)

三小節目に移弦が2回あって難しい。

[フランス民謡]
最初から先生のピアノ伴奏に合わせて、頭から通して弾く。
最初譜面を見ながら弾いたのですが、なんか弾き難くて、
暗譜してるので次は見ないで弾くと楽だった。

2〜3回弾いてフランス民謡あがりました。

これでレッスン終了。


******************************


次回からの曲は「オーラ・リー」だそうです。
これは教本に載っているのですが、
載っているのはちょっと難しいらしいので
弾きやすい譜面を先生がまた書いてきてくれるそうです。
Group Lesson comments(2) - Shiori
スポンサーサイト
- - - スポンサードリンク
Comment








風邪で大変そうですね。
夏風邪は長引きますし大事にしてくださいね。

>A線は重心が弓先に来るので、
知らなかった・・・

>弓元に来るとき二の腕を意識すると音が綺麗に出る。
あと、鎖骨の下の筋肉を使うのを意識。

とっても細かく教えてくださるのですね。
考えながらやってみましょう。

早くいつもの元気な詩織さんに戻れるように遠くからおばちゃん祈っています。


posted by こも : 2007/07/25 10:20 AM :
こもさん
夏風邪はほんと嫌ですねぇ。
かなりてこずりましたが、
昨日やっと退治できました!
こもさんの祈りの効果です〜☆

>とっても細かく教えてくださるのですね。

グループレッスンだから、
レッスンはかなりさくさく進んで、
これでいいのかと思うことが多いのですが、
時々すごくためになることを教えてくれます♪
posted by 詩織 : 2007/07/25 7:48 PM :
<< NEW TOP OLD>>